小山実稚恵 ピアノシリーズ「ベートーヴェン、そして…」 第5回<結晶体>

                                  
 誰にも献呈されなかったベートーヴェンのソナタ第31番。
 変イ長調の深く温かな和音は、音楽愛の響き。 この美しきソナタが、誰のものにもならなかった理由は永遠の謎の一つです。
 美しく優しく、心に深い第1楽章。 しかしその第3楽章には綿密なフーガと、苦しみの渦巻く「嘆きの歌」が織り込まれています。 「嘆きの歌」の真実は、この世の嘆きなのか、ベートーヴェンの幻想の世界の嘆きなのか。
 第5回<結晶体>のプログラムは、幻想の中に作曲家の真実が浮かび上がる作品が並んでいます。 ベートーヴェン、バッハ、モーツァルトの真の部分、 大作曲家であり大演奏家であった3人の音楽の結晶を、私の幻想の中で想像して作ったプログラムです。
出演 ピアノ/小山実稚恵  
プログラム ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第31番 変イ長調 作品110  他
チケット 全席指定  S¥6,000   A¥4,000  
しらかわホールチケットセンター:取扱いあり  
お問合せ クラシック名古屋  TEL : 052-678-5310
チラシPDFダウンロード
リンククラシック名古屋 HP

↑ ページの先頭へ