工事中のしらかわホールの様子をお届けします   <2018.11.09>

2018年8月20日より三井住友海上しらかわホールは天井改修工事の為、休館しています。
「1年間休館してどの様な工事をするの?」という疑問にお答えするべく、スタッフが工事中のホールの様子を安全第一で少しずつお知らせいたします。
(危険な場所については鹿島建設さんが撮られた写真をお借りして掲載しています)


ホール編はこちら   これまでの記事(目次)はこちら   

エントランス編2

           
エントランス1 

エントランスに足場が入りました。
三井住友海上しらかわホールのエントランスは1、2階が吹き抜けになっています。
今回の「天井改修工事(エントランス)」は「2階部分の天井」を改修します。

              
エントランス2ホワイエ

ホール2階ホワイエから下(エントランス床)を見下ろしてみました。工事前の右の写真、右奥から下をのぞいています。
あれ?今見えている天井は・・・?!



              
エントランス天井 

足場の一番上の様子です。先程見えていた天井は作業をするための「床」でした。このように見てみると、2階部分の天井まで、高さがありますね。
天井も床部分も真っ白で、工事をする場所と思えない、とてもきれいな空間です。
シャンデリアや照明器具を外し、いよいよ天井の解体です。

↑ ページの先頭へ

ホール編2

                            

ホール・客席部分にも足場が入りました。

ホール1ホール2

下手側、アーティストラウンジから舞台と、舞台の上(下手側)から客席を見た様子です。
この扉は、出演されるオーケストラや合唱の皆さまが「呼吸を整えて、舞台へ出ていく」場所ですが、残念ながら、今は客席からお客さまの拍手の音は聞こえません。

客席客席2

今度は客席中央から舞台を撮影してみました。お分かりになりますか?
工事に当たり、座席は撤去していませんので、座席の間をぬって足場が組んであります。この足場が、本当に「あっ」という間に組みあがりました。
ホールと客席部分は3階から5階までの吹き抜けですので、こちらも天井まで、かなりの高さです。


       
<これまでの工事の様子>
2018.10.12 エントランス編1 ホール編1

↑ ページの先頭へ